東京都板橋区小茂根4-1-4TEL 03-3956-0738

昭和34年創業

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ディアウォールを使った2段の棚

ディアウォールを使った2段の棚

二段の棚

高さ
天井まで
97.8cm
奥行
30cm

今回は店舗のディスプレーに使うために
とりあえず2段の棚にしました。
家庭でお使いになるなら、テレビ台にも大丈夫な幅と奥行きです。
間仕切りに使ったり、ノートパソコンを置いたり、
もっと段数を増やして本棚にしてもいいかも・・・

使った材料

・ディアウォール
4個
・2×4材 3000mm
4本
・2×4材 棚の受け材
4本

ディアウォール用にカットして余ったもの

今回は奥行30cmなので-1cmして
29cmで作っています(下の画像)

・杉板 900×300×22
2枚
・ビス 長さ65mm
32本程度
・ビス 長さ45mm
12本程度
使った材料

使った道具

  • スライド丸鋸 (無い方はノコギリでも可)
  • インパクトドライバー(無い方は金づちでも可)
    ※金づちの場合、ビスでは無く釘をお使いください。
  • 水平器(無くても出来るが、あったほうが良い)
  • メジャー
  • 鉛筆

①天井までの長さを測り、木材をカットする

  • ・ディアウォールは天井までの長さから 4.5cm 引いた長さの2×4材を使う為、
    取り付けたい場所の天井高を測る。
  • 今回取り付ける場所は 240.5cmでしたので 4.5cm 引くと 236cmですが、少しきつく取り付けたいので
    あえて長めに材料を切ることに。 4cm 引いて 236.5cm 4本 カットしました。
  • 残った端材で振れ止め兼受け材を 4本 作る。ディアウォール用の端材が60cm以上残っていたので、
    1本から2本取れました。
    今回は奥行30cmの棚なので、チリを1cmみて 29cm でカットします。

※当店はカット対応もしておりますので、スライド丸鋸やのこぎりをお持ちでない方でも大丈夫です。

②片側2本立てる

片側2本立てる
片側2本立てる
  • カットした2×4材にディアウォールを付け、
    天井に押し当てながらスライドさせて取り付ける
  • ディアウォールは 上部用下部用があるので注意!!
  • もしも短かくきりすぎた場合には、
    付属のスペーサーをいれて調節する。

※スペーサーを入れてもグラグラする場合は
危ないので新しく作り直す事をおすすめします。

③振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける

振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける
振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける
  • 棚を取り付ける高さに印を付ける。
    受け材を取り付けるため、棚の上端と
    下端の両方に印を付けてください。
  • 立てた柱の端から受け材の端が
    はみ出さないように合わせてながら
    下端の印に受け材を合わせ、
    ビスで固定する。

※水平器が写っている写真のように、
この時ビスは全部止めなくて大丈夫です。
片側一箇所ずつ止まっていれば十分です。

※受け材はディアウォールの奥行きも29cmに
するためのガイド役も担っています。
なので、ディアウォールを立てる際に奥行を
気にしなくても途中でちゃんと調整出来ます。

振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける
振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける
  • 同じように隣にも固定する。

※この時、2本の材料が大きく離れていたりした
場合には、天井付近から直してください。
微量なズレなら足元で調節してください。

途中水平器を使って水平を確認取りながら
進めると良いです。

振れ止め兼板を乗せる所を取り付ける
 
  • 上の段も同じように取り付けます。
     
  • ②と③同様に残りの2個のディアウォールも
    取り付けていきます
  • 残りの2本を取り付ける位置は、
    棚板の幅分くらいなんとなく広げて・・・
    くらいの気持ちで大丈夫です。
    少し広めに開けた方が後から作業しやすいかも。
  • ディアウォールは固定するものではないので、
    後から動かせるので心配ないです。

④棚板を取り付ける

棚板を取り付ける
棚板を取り付ける
  • 棚板を乗せて、水平器で平らになっているかを
    確認する。
  • 棚板を乗せる際にディアウォール間が狭かったり
    広かったりした場合は、左の写真のように少しづつ
    調整をしてください。
  • 水平が確認できたら板を固定する。
    片側3箇所位ビスで止めれば大丈夫です。

⑤すべてのビスの固定

すべてのビスの固定
すべてのビスの固定
  • 受けの材料のビスをすべて打ち付ける。

※ビスの固定の数はお好みで大丈夫ですが、
本棚やテレビ台など重たいものを乗せる時は
4本ずつの合計8本お使いになった方が
安心だと思います。(左側の写真)

飾り棚やシューズボックスのように軽いもの
でしたら2本ずつの合計4本で止めても
大丈夫です。(右側の写真)

⑥完成

完成

今回はカット加工はしてあったので、大体2時間程度で完成しました。
カットから行うと丸一日くらいかかっていたかな・・・

個人的な感想
大変だったところは、ディアウォールに使う2×4材が長いので
持ち運びとスペース確保の片付けです。
カットがしてあれば、メジャーと電動ドリルと水平器で簡単に出来るので、
サイズを調整すれば洗濯機置き場の棚にするのにも良いかも!!
比較的簡単に棚が出来るのでオススメです。